* MORE DELICIOUS *


食べることが1番の幸せ
by delicious-happy
Profile


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9620389994279310"
data-ad-slot="7127248781"
data-ad-format="auto">


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


・38歳 女
・東京都在住

食べ物記録のブログです

にほんブログ村 スイーツブログへ

1日1回クリックしていただけると嬉しいです。


 
*主な項目*
(↓クリックすると一覧表示)

ロールケーキランキング

マカロンランキング

モンブランランキング

私のお気に入りランキング

マカロン レポ一覧

ケーキ レポ一覧

ロールケーキ レポ一覧

チーズケーキ レポ一覧

チーズ レポ一覧

パン レポ一覧

チーズケーキについて


★その他項目別に記事を
 ご覧になる場合は下の
 『タグ』の項目を
 クリックすると一覧で
 表示されるので
 分かりやすいです。


メールはこちら↓
*** e-mail ***
記事ランキング
最新の記事
[お取り寄せ]<エコール・ク..
at 2013-11-21 13:00
<ル ミュゼ ドゥ アッシュ..
at 2013-11-12 22:02
<ル ミュゼ ドゥ アッシュ..
at 2013-11-12 22:01
<ル ミュゼ ドゥ アッシュ..
at 2013-11-12 22:00
<ル ミュゼ ドゥ アッシュ..
at 2013-11-12 16:10
タグ
(542)
(143)
(121)
(100)
(93)
(89)
(86)
(86)
(69)
(53)
(47)
(43)
(41)
(40)
(40)
(39)
(39)
(38)
(37)
(34)
(33)
(32)
(32)
(31)
(31)
(25)
(24)
(23)
(22)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(20)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
カテゴリ
■ランキング&お気に入り
■SWEET・ケーキ
■マカロン
■チョコレート
■パン
■外食・レストラン
■チーズ
■TAKE OUT
■食材&料理
■ラーメン
■お取り寄せ
■お菓子
■お菓子作り/パン作り
■in PARIS '07
■in ITALY '07
■“食”以外の日記
■つぶやき
検索
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
more...
画像一覧

タグ:手作り ( 40 ) タグの人気記事

フルーチェのそっくりさんを食べてみた

◆『スイーツブログランキング』に参加しています。

にほんブログ村 スイーツブログへ ← クリックしてもらえると嬉しいです。励みになります。

2013年5月13日(月)

最近、フルーチェにハマっています。
2日に1回は食べてるかな。
特に苺が大好き。

先日、とあるスーパーのフルーチェが置いてあるとなりに、フルーチェそっくりの商品が置かれていました。
c0131054_22234748.png
定価は分かりませんが、その時はフルーチェ148円、そっくり88円と、そのそっくりなモノがやたら安いので怪しいな〜と思って手をつけなかったのですが、今日初めて買ってみました。

フルーチェは「ハウス食品」、そっくりは「マルハニチロ」という会社のものです。マルハニチロを調べてみたのですが、あまりメジャーじゃない商品が多い感じでした。知らないのは私だけでしょうか。


そんなこんなでフルーチェ同様に作ってみました。
作り方の説明文などもほとんどいっしょです。
c0131054_22235967.png
c0131054_2224983.png
見た目や感触はフルーチェとほぼいっしょ。
で、食べて見ると、味はほとんど同じです。

ただ、フルーチェには大きな果肉が入っているのに
マルハニチロの方は細かいものばかりで、苺を食べた満足感は完全にフルーチェの方が上です。

というわけでやっぱりハウス食品のフルーチェの方が私は好きです。
でもお金がもったいない時にはマルハニチロのをまた買ってしまうかも。


◆『スイーツブログランキング』に参加しています。

クリックお願いします→ にほんブログ村 スイーツブログへ


『人気ブログランキング』にも参加しています。
 ←こちらもクリックしていただけるととても嬉しいです



[PR]
by delicious-happy | 2013-05-13 17:21 | ■お菓子作り/パン作り | Trackback | Comments(2)

超簡単パン作り♪発酵いらずであっという間!

◆『スイーツブログランキング』に参加しています。

にほんブログ村 スイーツブログへ ← クリックしてもらえると嬉しいです。励みになります。

2013年4月8日(月)

姉の5歳の甥っ子がなかなか料理が好きなので
いっしょにパンでも作ろうかと思いました。

でも普通のパン生地は時間が掛かるし扱いも難しいので5歳には無理そう、と思いネットで検索したところ、いいレシピが見つかりました!!

_________________________________
子供と作る♪発酵なしの簡単手ごねパン
子供と作る♪発酵なしの簡単手ごねパン

料理名:簡単パン
作者:bochapan

■材料(6~10人分)
強力粉 / 200g
ドライイースト / 2.5g
塩 / ひとつまみ
バター / 大1
はちみつ / 大1
イースト分のぬるま湯 / 大1
水 / 100ml
お好きなトッピング / お好みで
ドリウル / 適量

■レシピを考えた人のコメント
子供と一緒にコネコネ遊びましょう♪発酵なしの簡単パン♪お好きなトッピングで思いのままに自由制作!

→詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…




なんと、ただ捏ねるだけで発酵がいらないんです。

最初は半信半疑でした。
ふくらまないんじゃないか?
マズいんじゃないか?

でもとりあえずトライ!!


とにかく15分ぐらい捏ねて捏ねて、それから甥っ子とチョコチップ使ったりソーセージ入れたりとアレンジパンを作りました。
そしてそのままオーブンに。


15分後、完成!

お〜〜〜〜〜!!
膨らんでるし、パンらしくて美味しそう〜♪

c0131054_11582744.png


ドリュール(艶だし)塗らなかったので色艶が無くてちょっとモノ足りませんが
味は文句無しに美味しかったです!

ちょーーーーーっと硬めのパンって感じですけど
これはこれで全然OK!な味でした。

すごく簡単なので皆様もお試しあれ♪

 →このブログでの“手作り”記事一覧はこちら

◆『スイーツブログランキング』に参加しています。

クリックお願いします→ にほんブログ村 スイーツブログへ


『人気ブログランキング』にも参加しています。
 ←こちらもクリックしていただけるととても嬉しいです



 
[PR]
by delicious-happy | 2013-05-02 12:09 | ■パン | Trackback | Comments(0)

シナボンをアレンジして作ったシナモンメルツもどき

c0131054_14425760.png
2012年10月28日(日)


今、このお料理(パン)にハマっています♪

今は無きマクドナルドの『シナモンメルツ』を真似して作ってみたものです。


【朗報】
★シナボンが2012年11月15日に日本に再上陸します★
→ 情報はこちら

形は全然違うけど(苦笑)
なんかパンをこまかかくしたものがボコボコか詰めてるって印象で作ってみました。

c0131054_1443559.png

ブラウンシュガーとシナモンをたっぷりまぶして焼きました。
それでもドロドロの茶色いソースはできないんですよね〜
どうやったら、シナボンみたいにドロドロのソースが出来るんだろう?


<材料>
基本の電子レンジパンを考案された村上祥子先生のレシピのパン生地。
それにブラウンシュガーとシナモンを80g。それと溶かしたバター30gほど。
それをパン生地にまぶして焼くだけ。


でもまあこれはこれで表面がザクザクになってかなり美味しい♪
中はしっとりシナモン風味たっぷりです。

表面はラスクみたいですが、中はちゃんとパンですよ。

『簡単で美味しい♪』
これが私の手作りの鉄則ですね〜


★シナボンが2012年11月15日に日本に再上陸します★→ 情報はこちら


 
[PR]
by delicious-happy | 2012-10-28 14:42 | ■SWEET・ケーキ | Trackback | Comments(0)

手作りあんぱん♪

◆『スイーツブログランキング』に参加しています。

 にほんブログ村 スイーツブログへ ← 1日1回クリックしてもらえると嬉しいです。

c0131054_1549249.png

2012年9月23日(日)

突然アズキを炊いてアンコ作りました。

ほんと、何の前触れもなくとつぜん作りたくなった(笑)

自分でアズキを炊いたのは初めて。
水加減が難しく2度炊きしてしまいましたが、ふっくら良い加減に仕上がりました。

アズキ300gに対して甜菜糖150gで作りました。
かなり甘さ控え目であっさりしたアンコで美味しかったです。

できたアンコであんぱん作りました。
c0131054_1549281.png

よくばってアンコたっぷり入れました。


c0131054_1549325.png

焼立てを食べてみると甘くてとろとろのアンコでした。
一晩置いて冷ました方が落ち着いててより美味しかったかも。

初めて作ったアンコとあんぱん。なかなか美味しかった♪

c0131054_15493792.png
いっしょにマヨネーズパンとプチパン。


◆『スイーツブログランキング』に参加しています。

クリックお願いします→ にほんブログ村 スイーツブログへ


『人気ブログランキング』にも参加しています。
 ←こちらもクリックしていただけるととても嬉しいです



[PR]
by delicious-happy | 2012-09-23 12:48 | ■食材&料理 | Trackback | Comments(0)

秩父名物「みそポテト」

◆『スイーツブログランキング』に参加しています。

にほんブログ村 スイーツブログへ ← クリックしてもらえると嬉しいです。励みになります。


2012年5月23日(水)

c0131054_13282752.png

私、郷土料理とかご当地グルメとか、結構色々好きなものが多いです。

これは「みそポテト」という秩父地方の食べ物。
じゃがいもを天ぷらにして甘く煮詰めた味噌ダレをつけて食べます。

私はこの食べ物を知ったのは、実家に帰省する時に乗る高速バスの休憩所の上里SA。

ザクザクの天ぷらの衣の食感とじゃがいものホクホク感。
そして甘辛い味噌ダレのコンビネーションは最高です♪

一度食べたら病み付きになって、上里SAを通る時は必ず立ち寄って食べてました。
しかし2〜3年前にSAが改装されてから味噌ポテトは販売されなくなり、
買う機会が無くなってしまったので自分で作るようになりました。
作り方は簡単で今ではよく作ります。

「みそポテト」とっても美味しいですよ♪
ぜひ一度お試しあれ。

 →レシピ


◆『スイーツブログランキング』に参加しています。

クリックお願いします→ にほんブログ村 スイーツブログへ


『人気ブログランキング』にも参加しています。
 ←こちらもクリックしていただけるととても嬉しいです



[PR]
by delicious-happy | 2012-05-23 19:25 | ■食材&料理 | Trackback | Comments(0)

*手作り甘酒*

◆『スイーツブログランキング』に参加しています。

 にほんブログ村 スイーツブログへ ← 1日1回クリックしてもらえると嬉しいです。


ここ最近、甘酒を手作りするようになりました。

以前から甘酒は大好きで、マルクラの玄米甘酒↓をいつも買ってました。

 【ムソー】マルクラ 玄米あま酒 250g

 【ムソー】マルクラ 玄米あま酒 250g
価格:280円(税込、送料別)



近頃麹ブームで、麹についていろいろ情報を集めていると
塩麹も甘酒も、一般的に市販されているものは熱処理をされていて
菌を殺してしまっているということを知りました。
熱処理しないと雑菌の繁殖の恐れがあり、商品として販売するのが困難とのこと。
たまーに熱処理していない甘酒も販売されているようですがとても少ないです。

だったら自分で作った方がいいということで早速麹を買ってきて手作り。


【エントリーでポイント最大3倍 4月21日 9:59マデ】マルクラの乾燥玄米こうじ(有機米使用)...

マルクラの乾燥玄米こうじ(有機米使用)...
価格:1,000円(税込、送料別)


使用したのは「マルクラの乾燥玄米麹」↑。
一度白米の生麹でも作ってみたのですが、私は玄米麹の方が甘みが強くて風味も濃くて美味しいです。

ちなみに乾燥麹よりも生麹の方が良いらしいのですが、
玄米の生麹ってなかなか売っていなくて手に入らないんです。
「マルクラの乾燥玄米麹」は自然食品のお店に大抵売ってて手軽なので助かります。

自宅で簡単にできる方法は炊飯器を使用します。

c0131054_12395873.png
おかゆを作って麹と混ぜて炊飯器で「保温」にして7〜8時間放置。
蓋を閉めてしまうと60℃を超えてしまうのでちょっとだけ蓋を開けて
55℃前後に保つように調節します。
1時間に1回掻き混ぜます。

1時間に1回かき混ぜるのと温度を確認しなければならないので
ほぼ半日はこの甘酒に付きっきりになります。
作業は単純で簡単ですが、結構手間がかかります(苦笑)


c0131054_1240158.png
完成した甘酒はミキサーにかけて滑らかにします。
ミキサーにかけないと玄米麹の米粒が結構しっかり固く残ってしまい、そのまま普通に飲むのは厳しかったです。


一回で大体2週間分ぐらい作って冷蔵庫で保存。

普通に甘酒として生姜を入れて飲んだり、お味噌汁に混ぜたりして
毎日のように飲んでいます。

手間をかけて自分で作った甘酒は格別に美味しくて、
なにより安全安心です。

◆『スイーツブログランキング』に参加しています。

クリックお願いします→ にほんブログ村 スイーツブログへ


『人気ブログランキング』にも参加しています。
 ←こちらもクリックしていただけるととても嬉しいです



[PR]
by delicious-happy | 2012-04-18 12:33 | ■食材&料理 | Trackback | Comments(0)

“シナボン”が食べたくて…

◆『スイーツブログランキング』に参加しています。

にほんブログ村 スイーツブログへ ← クリックしてもらえると嬉しいです。励みになります。

c0131054_16543257.png
2012年3月4日(日)

“シナボンもどき”を作ってみました。

 → <参考> シナボンについて書いてる日記


c0131054_16544054.png

パン生地は村上祥子さんの「基本の電子レンジパン」を使用。
きちんと捏ねて作るのは面倒なので(汗)

パン生地以外の部分はクックパッドで「シナボン」で検索。
参考にさせていただいたのはこちら

これを作る前に一度、簡単にシナボン欲を満たす方法はないかと、
食パンにブラウンシュガーとシナモンとバターを付けてオーブンで焼いて食べてみたのですが、シナボンの味にはほど遠く“欲”を満たすには至りませんでした。。。

c0131054_16554645.png

見た目は悪いですが、8割程度シナボン味♪
そこそこシナボン欲を満たすことが出来ました。

c0131054_1654454.png
余った生地でプチパン。


◆『スイーツブログランキング』に参加しています。

クリックお願いします→ にほんブログ村 スイーツブログへ


『人気ブログランキング』にも参加しています。
 ←こちらもクリックしていただけるととても嬉しいです



[PR]
by delicious-happy | 2012-03-04 16:51 | ■お菓子作り/パン作り | Trackback | Comments(5)

カプリチョーザの“トマトとニンニクのスパゲティ”を作ってみた

◆『スイーツブログランキング』に参加しています。

 にほんブログ村 スイーツブログへ ← 1日1回クリックしてもらえると嬉しいです。



すご腕シェフの美味しいお料理をいただくのも良いですが、
自分で美味しいお料理が作れることもまた別の喜びがありますよね。


先日いわゆる“再現レシピ”というやつで
『カプリチョーザの“トマトとニンニクのスパゲティ”』を
作ってみました。

私、カプリチョーザ自体はファミレスっぽくて好きではないのですが、
この“トマトとニンニクのスパゲティ”だけは好きです。
これ1品だけ食べに行ったことがあるくらい。


クックパッドやブログなどには様々な“再現レシピ”がありますが、
やっぱりこれも人気のようでいくつかのレシピが見つかりました。

10件ぐらいのレシピに目を通して良さげなものを絞って3つピックアップし、
その3つのレシピを何度も熟読した上で自分なりのレシピに変換して作りました。
まだ2回しか作ってないのでまだまだ改良の余地がありそうですが、
なかなか近い味に仕上がって満足です♪

相方に“再現レシピ”とは何も言わずに普通に出したら
一口食べて「カプリチョーザやん♪」って分かってくれました。

なんで今まで自分で作ろうとしなかったのかが不思議なくらい
簡単で美味しいです。


「カプリ」「トマトとニンニク」「レシピ」などで検索するとヒットします。
クックパッドで検索するといくつか出てきますが、
私はつくれぽの多いレシピを参考にすることが多いです。
※目指す所は同じなので当然レシピに大差はありませんが (^-^;


お気に入りのお料理を好きなだけ、自分なりにアレンジして食べられるって
最高に楽しいですね☆

c0131054_1521246.jpg
使っているトマトはコレ↓が多いです。
カルディで88円(それより安い時も)と激安だけど美味しくてオススメ!



◆『スイーツブログランキング』に参加しています。

 にほんブログ村 スイーツブログへ ← 1日1回クリックしてもらえると嬉しいです。



『人気ブログランキング』にも参加しています。
 ←こちらもクリックしていただけるととても嬉しいです

 
[PR]
by delicious-happy | 2011-07-09 15:01 | ■食材&料理 | Trackback | Comments(0)

ほっこり癒しのジンジャーケーキ

c0131054_22134597.jpg

美味しい生姜のケーキが食べたくて、初めてジンジャーケーキを作りました。

レシピは一般的なパウンドケーキに自分の好みで生姜を加えただけ。

生姜はすりおろしたものが2片ぐらいと、あとはこちら↓を使いました。
【成城石井 高知産生姜蜂蜜漬 / 798円】

この成城石井の生姜蜂蜜漬はスライスした大きな生姜を蜂蜜に漬けてあるものです。
これをそのまま大さじ2〜3杯ぐらいを鍋に移して蜂蜜といっしょに軽く煮詰めて入れました。

それと、今回は白砂糖ではなく甜菜糖(てんさい糖)を使用しました。
生姜のほっこりしたケーキにとってもよく合う甘さに仕上がりました。
白砂糖よりも柔らかで優しい甘みが特徴。
甘さがすっきりしてとても食べやいケーキになります。

c0131054_22133440.jpg

ケーキはしっとり・ほっこり・ふんわりと我ながらすごく美味しい♪

生姜の量は適当だったので仕上がりが心配だったのですが、ちょうど適量でした。

c0131054_22132296.jpg
この真ん中に見える生姜のスライスが成城石井の生姜蜂蜜漬
しっかり生姜のシャキシャキした歯ごたえを感じられてとても良いアクセント。

生姜のケーキってなんだかほっこりして癒されます♪
簡単なのでまた作ろうっと!


レシピはこちら↓

【ジンジャーケーキ】

《材料》

・薄力粉 120g
・アーモンドプードル 30g
・バター 100g
・甜菜糖 100g
・卵 2個
・生姜3片ぐらい
・生姜を煮る蜂蜜 少々

《作り方》
① 常温に戻したバターと甜菜糖をクリーム状によく練る。

② ①に卵を加えてよく混ぜる。

③ 生姜のスライスとすりおろしを蜂蜜で軽く煮詰める。

④ ③の生姜を②に加えてる。

⑤ ④にふるった薄力粉とアーモンドパウダーを加え、さっくりと
 切るように軽く混ぜ合わせる。

⑥ オーブンは予め余熱しておく。
 180度で20分 → 160度で40分 焼いて出来上がり。



◆このブログは『スイーツブログランキング』に参加しています。
 この記事がお役に立てたり、気に入っていただけたら
 にほんブログ村 スイーツブログへ←こちらをクリックしていただけるととても嬉しいです(U v U)
 (クリックするとランキングに反映されます。ランクが上がると燃えます♪)
 
『人気ブログランキング』にも参加しています。
 ←こちらもクリックしていただけるととても嬉しいです(U v U)

 
[PR]
by delicious-happy | 2011-02-07 22:49 | ■お菓子作り/パン作り | Trackback | Comments(0)

焼いてない生のポルボローネ(ポルボロン)

焼いてない生のポルボローネ(ポルボロン)について。

過去に何度かポルボローネ(ポルボロン)の記事を書きましたが
「生のポルボローネ」について問い合せをいただいたことがありました。
レシピを教えてほしいということだったのですが、私はそのリンク先を紛失してしまって教えることができませんでした。
「生のポルボローネ」のレシピは探しても探しても全然見つからないんです。
普通のオーブンで焼くタイプのものはいくらでもあるのですが。
しかし、先日偶然またその「生のポルボローネ」のレシピのHPを発見することができたので紹介したいと思います。


ちなみに「ポルボローネ」というのはスペインのアンダルシア地方に古くから伝わる祝い菓子です。
その後、スペインの影響下にあったフィリピンや南米にも広がり、その各地で
オリジナルの進化を遂げているものもあるようです。
諸説では沖縄のちんすこうはこの「ポルボローネ」が原形だという説があります。
確かに材料は食感が似ている部分があります。

基本的なポルボローネのレシピを検索すると
材料:小麦粉、アーモンドプードル、粉糖、ショートニング、バター、シナモン
がごく一般的。

しかし英語で検索するとフィリピンのポルボローネのレシピがヒットし、
見てみると基本的な材料が異なります。
フィリピンのポルボローネには材料にスキムミルクが記載されています。
スキムミルク入りのポルボローネ、なんとなく想像がつきますが
これはミルキーな味で美味しそう〜♪
一度食べてみたい!


ポルボローネ(ポルボロン)については自分なりに色々調べてみたのですが、
この「生のポルボローネ」がどういう経緯のレシピなのかは謎です。。。
私が知っているひとつのレシピ以外に生タイプのレシピは見つかりません。
スペイン語、英語、日本語といろいろ調べたのですが、全部オーブンで焼くレシピばかりでした。


 →生のポルボローネのレシピはこちらです(リンクフリー)

ポルボローネ(ポルボロン)

《材料》

・小麦粉(薄力) 150g
・アーモンドプードル 25g
・粉糖 30g
・シナモン 小さじ 1
・レモンの皮 1/2個分
・バター 50g
・ショートニング 35g
・塩 小さじ1/4

《作り方》
① 小麦粉を焼く
・オーブンで: バットに良く振った小麦粉を薄く延ばし、
 160度に余熱したオーブンにいれ15分ほど焼く。
・フライパンの場合;よく振った小麦粉を油をひかない熱したフライパンに入れ
 遠火で焦がさないように気を付けサラサラしてくるまで火を通す。
・電子レンジの場合:耐熱皿にクッキングシートをひきよく振った小麦粉を薄く広げて
 電子レンジで1分ほど加熱したらかき混ぜて同じように加熱し、これを3回ほど繰り返す。

② ①に良く振ったアーモンドプードル、粉糖、シナモン、塩を加えてよく混ぜる。

③ ②にバター、ショートニング、摩り下ろしたレモンの皮を加えてよく練る。

④全体がまとまってしっとりしてきたら、適当な型で抜いてできあがり。

元のレシピに「塩」は記載されていませんが、入れた方が味が引き締まって美味しいです。
塩を少々入れることをおすすめします。


今回は元のレシピの半分の分量で作った写真と失敗談を交えて説明します。

c0131054_14165364.jpg
まず小麦粉をローストします。
焼きが足りないと生焼けクッキーのような味になるので
ちょっときつね色に焼き色がつくくらいよく焼いた方が安全です。
c0131054_14165061.jpg
今回は私はちょっと焼きが足りなかったようで、小麦粉の生っぽさが残ってしまいました。

c0131054_14164619.jpg
大きなポイントは小麦粉のローストぐらいであとは材料を混ぜるだけ。

ちなみに今回はショートニングを買いに行くのが面倒だった私はショートニングをバターに置き換えて作りました。
本来はショートニングの軽さが特徴なので、バターだけだと重くてしつこくてくどい味になってしまいました。
ショートニングは大きなポイントなので絶対入れた方がいいです。

ショートニングというとトランス脂肪酸が気になる方が多いかもしれませんが
今はトランス脂肪酸フリーのショートニングが販売されていますのでそちらをオススメします。
 





そして成形ですが、一般的には丸いオリジナルの型で作りますが、ものぐさな私はこんな形で完成!
c0131054_1416432.jpg
ラップで細長いキャンディ状に包みました。

冷蔵庫で冷やしてからお召し上がりください。


冷蔵庫で冷やしただけとは思えない、サクッとしたクッキーのような食感と
口の中で崩れるよう食感の不思議な美味しさのお菓子です。
でもなぜかちょっと懐かしいような感じもするんです。
ローストした小麦粉がきなこの味に似ているせいかも。

とっても簡単なのに一度食べるとハマってしまう美味しさです。
ぜひ一度未体験の味を味わってみてください☆

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【ピエール・エルメ・パリ】マカロン10個詰合わせ
価格:3780円(税込、送料別) (2016/8/15時点)



◆このブログは『スイーツブログランキング』に参加しています。
 この記事がお役に立てたり、気に入っていただけたら
 にほんブログ村 スイーツブログへ←こちらをクリックしていただけるととても嬉しいです(U v U)
 (クリックするとランキングに反映されます。ランクが上がると燃えます♪)
 
『人気ブログランキング』にも参加しています。
 ←こちらもクリックしていただけるととても嬉しいです(U v U)

 
検索ワード:生、焼いてない、ポルボローネ(polvorone)/ポルボロン(polvoron)
[PR]
by delicious-happy | 2011-01-23 14:08 | ■SWEET・ケーキ | Trackback | Comments(3)